×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Top>風水・家相とは

風水・家相とは


最初に最も重要な事を理解しておいてください。

 風水も家相も必ず希望を損なうことなく問題を回避し、良い方向に導くための方法が存在しているのです。

 さて、

 家相というとまず鬼門という言葉が浮かんできます。鬼門に出入り口があるといけないというのは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、鬼門の由来、そして、なぜ出入り口が忌諱されるのかということを正確に知っている人はそれほど多くないのが現実です。また、張りや欠けというのも良く言われますが、なぜ張りは多くの場合プラスで欠けはマイナスとして解釈されるのかを理解している人はほとんどいません。そのほかのことについても同様です。

 現代においては、家相や風水の本来の意味が無視され、商売としてやりやすいように宗教化、極端な言い方をすればオカルト化してしまっている点が問題なのです。そして、もう一つの問題は、風水も家相も当初はこうすれば良い運気が訪れるというプラス思考であったものが、日本において宗教色を強め、商売として行われる中で、こうすると不幸になるというようなマイナス思考型に変わってしまっている点が上げられます。

 風水も家相も本来の使い方、活かし方をすれば、どんどん運気は良い方向に向かわせることができるのす。

 ここで、風水や家相の本来の姿、起源について少し触れてみましょう。現在の家相などの根幹は江戸時代に完成されたものを基盤としています。そして、さらにその根源となっている風水や家相の起源は基本的には中国大陸にあります。先にも書いたとおり、風水は本来地形学に近いものであり、どういう(地形の)土地に家を建てたり、お墓を作ったりするのが良いのかいうことを現しています。
 風水では、北に大きな山、東に勢いのある川、南に平野、西に道という地形を良しとしています。また、北の山から東西の川と道に導かれて南の平野に向かって龍脈が流れるとされるので、それを招き入れるような形にすると良いというようなことも言われます。さらに、そのような龍脈の流れる場所に、その流れを邪魔することなく、うまく導きいれて送り出すように家を建てるとその家は繁栄するとも言われています。
 解釈については、様々なものがあるのですが、共通するのは山や川の位置を計り、龍脈を妨げることなく招き送り出すように心がけるというところです。龍脈がどのようなものであるのか、という点については現代科学ではまだ解決できていませんが、学術界でも知られている地球ガイア仮説(住んでいる生物も含めて地球全体を一個の生命体という解釈をする学説)における地球の血液の流れ、気の流れのようなものという解釈もできます。重要なことは、長い歴史の中で龍脈という思想が生き残ってきたという事実がその存在を裏付けているということです。科学で理解できないものが全て偽物という考え方をしてはいけません。現在広く認識されている科学的事実も、過去には証明されていない宗教的なものであった例はいくつもあります。

 そして、日本において風水や家相は中国での思想を基盤として、陰陽道や神道なども加わり、さらに、日本の気候風土による影響も受けながら変化・発達し、前述のように江戸時代にほぼ現在の形への完成が行われたと言えます。もちろん、陰陽道の起源も遡れば中国にたどり着くことができます。

 今日では、家相や風水について、多くの場合、上辺の宗教的な側面だけを捉えてしまうことが多いのですが、そのように考えるのではなく、その謂れや歴史的背景、論理的意味なども含めて考えることが必要です。本来の目的を忘れてそれだけに注力してしまうのは本末転倒です。また、決して置物や色だけのような浅いものではない先人の知恵と経験が風水や家相の中にあることも忘れてはいけません。重要なことは、そういったものに振り回されることなく、上手く取り込み、より良い家づくりを目指すというのが本来の姿なのです。

 そして、現代において風水や家相がビジネスとなってしまったための最大の弊害の一つが、最初に述べたどんな場合でも必ず希望を損なうことなく回避するための本当の方法が存在することが無視されているということです。今日、風水や家相をビジネスとしている者のほとんどは上辺の知識しか持たないために本当の回避方法を知らないだけなのです。そのために、最も重要であるはずの家づくりに対する希望を損なうような対応しか出来ないのです。ましてや、意味の無い置物などに振り回されて不幸を招きいれてはいけません。

 もう一度言います、
 必ずどんな場合でも希望を損なうことなく、本当の風水や家相によって問題を回避することができるのです。


どうぞ、お気軽にお問い合わせください。



 このページはお役に立ったでしょうか?

YES    NO